イベント情報

トップページ > イベント情報 > 越後つばめの天神講

越後つばめの天神講

イベント情報
2018/2/1

「天神講」は、学問の神様・菅原道真公を、命日である2月25日にお偲びし、学業成就や合格祈願、子供たちの健やかな成長を願う風習です。 燕市の中でも地区や家庭によって違いはありますが、燕の天神講は、お供えする色鮮やかなお菓子が特徴で、「天神講のお菓子を食べると勉強ができるようになる」と言い伝えられてきました。 鯛や梅、海老に招き猫、だるまに大黒天など、お店ごとにいろいろな種類があり、主役である天神様の表情もそれぞれのお店で違います。
天神講の期間中は、「越後つばめ天神講菓子展」が行われます。

【天神講菓子展】
会場・開催期間
●道の駅国上(国上5866-1)/2月1日(木)~25日(日)
●新潟市岩室観光施設いわむろや(新潟市西蒲区岩室温泉96-1)/2月1日(木)~25日(日)
●燕三条Wing(JR燕三条駅2階)/2月3日(土)~25日(日)
●燕三条地場産業振興センター(三条市須頃1-17)/2月3日(土)~25日(日)
●新潟ふるさと村アピール館(新潟市西区山田2307)/2月24日(土)~25日(日)

その他、「天神講菓子色付け体験」や「ミチザネコウキャンドル作り」などのワークショップや体験会も行われます。 くわしくは燕市「越後つばめの天神講」ページでご確認ください。