国上山

国上山

霊峰弥彦山に連なる国上山(313m)は、その中腹に越後最古の名刹「国上寺(こくじょうじ)」や、良寛が過ごした「五合庵(ごごうあん)」、「乙子(おとご)神社草庵」など数多くの史跡が散在しますが、 山頂からは、日本海、遠くは佐渡、能登半島、越後三山を眺望でき、山頂から少し下ったところにある「蛇崩れ(じゃくずれ)」は奇岩と老松の景勝地で、ここからは越後平野を一望できます。
また、雪割草やカタクリ、本来なら亜高山以上でしか見られないクルマユリや“春の女神”と呼ばれるギフチョウなど希少性の高い動植物や豊かな植生に恵まれた山です。

※国上山は佐渡弥彦米山国定公園に指定されています。
動植物をみだりに採取・捕獲してはいけません。
 
 
国上山
 
希少なブナ林
低地に残る希少なブナ林
希少なブナ林
 
低地に残る希少なブナ林

国上山周辺では、冷温帯の植物「ブナ、ミズナラ」などと暖温帯の植物「ヤブツバキ、ナツツバキ」などが出会う場所です。
この狭い地域に様々な植物が分布し、それに伴い大変多様な生態系が構成されています。
新潟県のブナ林は、林床にユキツバキが分布するのが一般的ですが、国上寺裏のブナ林は、県内で唯一、ブナと暖温帯のヤブツバキ、ナツツバキが共存する樹林で、学術的な価値が高く、県の天然記念物に指定されています。

隠れた!山野草の宝庫!国上山
早春の花々
画像:オオミスミソウ
オオミスミソウ
画像:カタクリ
カタクリ
画像:コシノカンアオイ
コシノカンアオイ
画像:オウレン
オウレン
画像:シュンラン
シュンラン
画像:オオカメノキ
オオカメノキ
画像:マルバマンサク
マルバマンサク
画像:タムシバ
タムシバ
画像:オオバクロモジ
オオバクロモジ
画像:オクチョウジザクラ
オクチョウジザクラ
画像:コシノコバイモ
コシノコバイモ
画像:ケキブシ
ケキブシ
画像:ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマ
画像:ケアブラチャン
ケアブラチャン
画像:キクザキイチゲ
キクザキイチゲ
春の花々
画像:コシノチャルメルソウ
コシノチャルメルソウ
画像:トキワイカリソウ
トキワイカリソウ
画像:オオタチツボスミレ
オオタチツボスミレ
画像:ミヤマカタバミ
ミヤマカタバミ
画像:エイレンソウ
エイレンソウ
画像:フデリンドウ
フデリンドウ
画像:ナガハシスミレ
ナガハシスミレ
画像:チゴユリ
チゴユリ
画像:ユキグニミツバツツジ
ユキグニミツバツツジ
画像:ウゴツクバネウツギ
ウゴツクバネウツギ
画像:ウワミズザクラ
ウワミズザクラ
画像:ウマノアシガタ
ウマノアシガタ
画像:ホウチャクソウ
ホウチャクソウ
画像:オオバキスミレ
オオバキスミレ
画像:スミレサイシン
スミレサイシン
初夏の花々
画像:シャク
シャク
画像:エゴノキ
エゴノキ
画像:シャガ
シャガ
画像:オドリコソウ
オドリコソウ
画像:ツクバネソウ
ツクバネソウ
画像:ヤマボウシ
ヤマボウシ
画像:ノアザミ
ノアザミ
画像:ヤマツツジ
ヤマツツジ
画像:ガクウロジロヨウラク
ガクウロジロヨウラク
画像:シロバナニガナ
シロバナニガナ
画像:ヤマホタルブクロ
ヤマホタルブクロ
画像:オカトラノオ
オカトラノオ
画像:ヤブツバキ
ヤブツバキ
画像:エゾアジサイ
エゾアジサイ
画像:イワガラミ
イワガラミ
盛夏の花々
画像:ツルアリドウシ
ツルアリドウシ
画像:イチヤクソウ
イチヤクソウ
画像:ムラサキシキブ
ムラサキシキブ
画像:ヒヨドリバナ
ヒヨドリバナ
画像:アオヤギソウ
アオヤギソウ
画像:リョウブ
リョウブ
画像:ナツツバキ
ナツツバキ
画像:トリアシショウマ
トリアシショウマ
画像:クルマユリ
クルマユリ
画像:オトギリソウ
オトギリソウ
画像:ミズタマソウ
ミズタマソウ
画像:ホツツジ
ホツツジ
画像:オトコエシ
オトコエシ
画像:ノギラン
ノギラン
画像:サジガンクビソウ
サジガンクビソウ
秋の花々
画像:ツルリンドウ
ツルリンドウ
画像:ヤマトリカブト
ヤマトリカブト
画像:クルマバハグマ
クルマバハグマ
画像:サラシナショウマ
サラシナショウマ
画像:アキノキリンソウ
アキノキリンソウ
画像:キバナアキギリ
キバナアキギリ
画像:タマバシロヨメナ
タマバシロヨメナ
画像:ゲンノショウコウ
ゲンノショウコウ
画像:オヤマボクチ
オヤマボクチ
画像:ノダケ
ノダケ
画像:ヌスビトハギ
ヌスビトハギ
画像:ハエドクソウ
ハエドクソウ
画像:オクモミジハグマ
オクモミジハグマ
画像:ミズヒキ
ミズヒキ
画像:キンミズヒキ
キンミズヒキ
出典:西蒲原の自然ガイドブックNo.13
国上山の植物
協力:里山花とみどりの会