燕市長善館史料館

トップページ > 観る・学ぶ > 燕市長善館史料館

1833年、鈴木文臺(ぶんたい)によって当時の粟生津(あおうづ)村に創設された私塾。1912年に閉鎖されるまでの約80年間、1,000人を超える塾生が学びました。

18歳の頃、良寛に才能を認められた文臺は、その後も良寛と親交を続けました。信濃川の洪水に苦しむ人々を救いたいと願う良寛の心が、長善館の教えの中に生きることになったのは必然と言えることでしょう。

その教えは、日本医科大学の前身である済生学舎を創設した長谷川泰や、大河津分水建設のために奔走した鷲尾正直、高橋竹之介、大竹貫一などに受け継がれました。彼らの行動の原動力となったのは、「苦しむ人たちを救いたい」という一途な願いでした。

史料館の4つの展示室には、学塾の歩みや教育の特徴・教科書・今にも適用する教育方法を学んだ人たちの多彩な業績が紹介されており、他にも、米納津隕石の模型や日本画家・横山操の作品なども展示されています。

開館時間 /午前9時~午後4時30分
休館日/月曜日・年末年始
入館料/小・中学生、高校生50円 一般100円
電話番号/0256-93-5400
ホームページ/長善館史料館

 
アクセス
所在地:新潟県燕市粟生津97