越後つばめの天神講

トップページ > イベント・お祭り > 越後つばめの天神講

春の行事、天神講とは

学問の神様である菅原道真公の命日をお偲びするのが「天神講」です。
毎年2月25日に天神様の掛け軸や置物などを飾り、子どもたちの健やかな成長や学業成就などを願います。
天神講は全国各地で様々な風習が残っていますが、色鮮やかなお菓子をお供えするのが燕の天神講の特徴です。

天神講のお菓子を食べると“勉強ができるようになる”との言い伝えもあります。
勉強や受験に限らずに子どもの習い事やスポーツの上達なども願ってはいかがでしょうか。
※それぞれの地区や家庭によって天神講のスタイルはさまざまです。お気軽にお菓子をお買い求めください。

【お問い合わせ先】
燕市役所 産業振興部 商工振興課
電話:0256-77-8233

燕市「越後つばめの天神講」ページ