燕市産業史料館

トップページ > 観る・学ぶ > 燕市産業史料館

燕市の金属加工産業発展の歴史を伝える史料館。江戸時代初期の和釘作りををはじめ、ヤスリ、キセル、鎚起銅器の製作工程と作業場の復元展示や現在も活躍する金工作家の作品を展示しています。金属についてのさまざまな情報を楽しく学べる体験室では、ミニスプーンづくりもでき、子どもと一緒に楽しめます。江戸時代から続く、ものづくりのまちの職人技を見て、触って、体験ください。

開館時間 /午前9時~午後4時30分 (入館は閉館の30分前まで)
休館日/月曜日(祝日の場合は翌日)・祝日の翌日・年末年始
入館料/大人 400円、小・中学生、高校生 100円
団体(10名以上)大人 300円、小・中学生、高校生 80円
電話/0256-63-7666
ホームページ/燕市産業史料館

COSMOS 照井 康一ガラス展 -原点回帰-
会期 2019年8月2日(金)から9月16日(月・祝)

展示内容
COSMOSには「花」と「宇宙」という意味があり、特に「宇宙」は照井さんがガラスを始めた原点でもあります。花のコスモスはキク科のコスモス属の総称で、20種類以上にのぼり、花の色は種類によって様々です。そのコスモスの花のような多彩な色彩によって表現されたガラスのギャラクシー、銀河。ガラスでできたCOSMOSの煌めきをお楽しみください。

 
アクセス
所在地:新潟県燕市大曲4330-1