行こうよ!工場こうば見学

トップページ > 行こうよ!工場見学
燕のスゴわざを体感しよう
 
 

江戸時代に農家の副業として取り入れられた和釘づくりが、ものづくりのまち 燕のルーツ。
世界から注目される数々のスゴわざを巡りながら、現代に受け継がれる職人たちの熱い情熱を感じてください。

燕市の産業の歴史
 

燕市の金属加工産業は、江戸時代初頭に信濃川の洪水に苦しむ農家の副業として和釘づくりから始まりました。
江戸中期には、キセルや鎚起銅器などに技術を拡大、その技術は現在のスプーン製造やハウスウェア製品に様々な金属産業に活かされています。時代の変遷を乗り越えながら、日本国内外で燕の金属製品は使用されています。

 
画像:燕市の産業の歴史

鎚起銅器 ~1枚の銅板に生命を吹き込む~

画像:鎚起銅器

一枚の銅板を金鎚で叩き器を形成する技術です。江戸時代に仙台から技術が伝わりました。
近くに良質な銅山もあったこともあり新潟を代表する金属産業へと発展していきます。酒器や茶器など銅の特性を活かした製品は好評を博し、現在、地場産業としては鎚起銅器の日本唯一の産地としても注目を集めています。

 

研 磨 ~飛行機の翼も磨く技術~

画像:研磨

燕の産業を支える重要な技術の一つで、金属の表面を鏡のように磨き上げる職人技です。
燕は江戸時代から続く喫煙具のキセルの産地で、日本一の生産量を誇っていました。明治時代、増加するキセルの生産に対応するため、仕上げの研磨作業が独立。以後キセル、スプーン、キッチンツール等を研磨して燕の産業を支えてきました。現在も、様々な金属製品を磨き続けています。

工場見学のできる企業紹介
 
[ 工場見学の注意事項 ]
安全に見学いただくため、下記事項にご配慮ください。
※見学については各企業へお問い合わせください。
  • 酒気を帯びた方はご遠慮ください。
  • 工場内では担当者の指示に必ず従ってください。
  • サンダル、ハイヒールや厚底靴は転倒の危険があるのでご遠慮ください。
 
  • だぶつきの大きな服は機械に巻き込まれる恐れがあるので、ご遠慮ください。
  • 工場内では高温の機器等があります。肌の露出の多い服装はご遠慮ください。
  • 写真撮影は許可を得てから行ってください。
株式会社玉川堂(かぶしきがいしゃぎょくせんどう)
事前予約 不要  
体験 ありなし

1816年創業。人間国宝を輩出した、200年続く、燕市の伝統工芸・鎚起銅器の老舗です。
一枚の銅板から職人の手によって打ち出される銅器は、使えば使うほど手になじみ、味わいのある光沢を帯びてきます。
工房では、制作過程を目の前で見学できます。

 
株式会社玉川堂
 
所在地新潟県燕市中央通り2-2-21
営業時間8時30分~12時、13時~17時30分
休業日日曜日、祝日
電話0256-62-2015
URLhttp://www.gyokusendo.com/
 
アクセス方法三条燕IC、JR燕三条駅から車で約5分
駐車場情報15台
事前予約5名未満予約不要
(各自ご予約をお願いいたします)
藤次郎株式会社(とうじろうかぶしきがいしゃ)
事前予約 不要  
体験 ありなし

日本国内でも数少ない一貫生産の設備を整えている包丁メーカー。
日本の包丁製造の伝統技術の中でも「抜き刃物」と呼ばれる刃物の製造を武器に、異種素材を組み合わせた複合材包丁で世界一のシェアを誇っています。ナイフギャラリーでは、国内ではここでしか手に取ることのできない、海外輸出向けの製品を含むフルラインナップを取り揃え、包丁のメンテナンスも可能。

 
藤次郎株式会社
 
所在地新潟県燕市吉田東栄町55-18
営業時間10時~17時(ナイフギャラリーのみ18時)
休業日日曜日、祝日
電話0256-93-4195
URLhttps://tojiro.net/
 
アクセス方法三条燕IC、JR燕三条駅から車で約15分、吉田駅から約10分
駐車場情報10台
燕市磨き屋一番館(つばめしみがきやいちばんかん)
事前予約 不要  
体験 ありなし

金属製品の仕上げの工程で最も重要な「磨きの技術」を次世代に継承するため、後継者の育成、新規業者の促進、技術の高度化などを目的とした研修施設。卓越した技術者「にいがた県央マイスター」が指導にあたり、スプーンやタンブラーなどから飛行機の羽まで磨く職人の技術は一見の価値あり。見学の他に、磨き体験もできる。

 
燕市磨き屋一番館
 
所在地新潟県燕市小池3633-7
営業時間土曜日、日曜日、祝日(燕三条産業カレンダーに準ずる)
休業日日曜日、祝日
電話0256-61-6701
URLhttp://www.tsubamekenma.com/
 
アクセス方法三条燕IC、JR燕三条駅から車で約10分
駐車場情報3台
事前予約スプーン磨き体験(小人用)800円
ビアカップ磨き体験(大人用)1,500円
越後味噌醸造株式会社(えちごみそじょうぞうかぶしきがいしゃ)
事前予約 不要  
体験 ありなし

1771年醸造蔵開業、1931年に味噌製造業に転換し、みそ漬け、調理味噌を製造・販売している老舗。味噌蔵では、醸造業界で1%程度しか使用していない、木桶で味噌を醸し、昔ながらの味を守り続けています。大正時代から100年以上使用している木桶が並ぶノスタルジックな味噌蔵は店の歴史を物語っており、現在は、醸造文化を後世へ紡ぐ、発酵テーマパークとして味噌蔵見学や味噌づくり体験も行っています(要予約)。

 
越後味噌醸造株式会社の木桶
 
所在地新潟県燕市吉田中町5-10
営業時間9時~17時
(直売店営業時間 平日:9時~18時・土日祝:11時~18時)
休業日工場:日曜日、祝日、お盆、年末年始(土曜不定休)
 直売店:お盆、年末年始(研修などで急遽定休有)
電話0256-93-2002
URLhttp://www.echigomiso.co.jp/
 
アクセス方法三条燕IC、JR燕三条駅から車で約20分、吉田駅より約5分
駐車場情報4台 ※大型バス要相談
事前予約イベント開催時
ものづくりのまち燕団体視察のご案内
 

お客様のご希望を伺ったうえで、コースをご提案いたします。
また、産業観光ナビゲーターがバス車内でご案内します。
詳しくはお問い合わせください。

行程例
画像:行程例

※土・日・祝日およびGW、お盆、年末年始期間は見学できません。
※酒気を帯びての見学はできません。
※工場内ではインカムを使用してご案内する場合があります。

 
PDF
▲ クリックでPDFが開きます
もっともっと 燕市のスゴわざ!?をご紹介
磨く
 
叩く
打つ
 
抜く