燕市観光情報
アクセス リンク集 サイトマップ

文字サイズの変更小サイズに変更中サイズに変更大サイズに変更
観光マップ
燕市観光情報トップ > 良寛

良寛〜自然を愛し、子どもらを愛した良寛ゆかりの地〜

良寛について

●良寛(1758〜1831)
  江戸時代末期の禅僧、詩人、歌人、書家。
  属名は山本栄蔵。18歳で出家し、寺をもたず、日々托鉢で暮らす。34歳で諸国修行の旅に出る。真言宗や浄土宗、日蓮宗、神道にも通じた。天保2年74歳で遷化。

  良寛は宝暦8年(1758)越後国出雲崎(現・新潟県三島郡出雲崎町)の名家、町名主で回船問屋の橘屋山本家に生まれた。幼名を栄蔵といい、4男3女の長男。父、泰雄は名主(庄屋)にして、町にある石井神社の神宮を務め、以南という俳人でもあった。
  栄蔵(良寛)は、7歳ころから漢学者・大森子陽の塾で地蔵堂(現・燕市分水)にある「三峰館」に通い、中国の古典も熱心に学んだ。
  しかし、18歳で名主見習い役になったばかりの栄蔵は、突然出家の準備のため尻瀬の曹洞宗光照寺に身をよせ剃髪してしまう。栄蔵22歳の時、光照寺に備中玉島(現・岡山県倉敷市)の円通寺の住職・国仙和尚が訪れた。ここで栄蔵は出家・得度し、良寛という法名を与えられた。良寛は国仙人和尚の崇高なる人柄に感銘し円通寺で約12年間修業し、禅僧としての卒業証書「印可の偈」を受けた後、諸国行脚の旅に出る。
  寛政8年(1796)新潟に戻り、47歳のとき国上山(現・燕市)にある国上寺の五合庵で約20年間を過ごす。その後10年間は五合庵のふもとにある乙子神社の草庵に移り住む。文政9年に国上山を離れて、島崎(現・長岡市)の名家・木村家に移住する。その頃、貞心尼と出会い和歌を詠みあい晩年心温まる交流が続いた。
  天保2年(1831)、木村家で息を引き取る。享年74歳。

  良寛の宗教は仏教の曹洞宗で、師の大忍国仙や宗祖道元の教えをよく守り、生涯、寺を構えず、妻子を持たず、物質的には無一物に徹し、清貧の思想を貫いた。
  良寛の漢詩は六百余首。日本を代表する詩人といわれる。
  良寛の書は、自作の詩や歌をかいたものを中心に楷書、行書、草書、かな、手紙など和様の最高峰、日本美の極致と絶賛される。
  良寛の俳句は百首ほどだが「たくほどは風がもてくる落葉かな」など世界的に知られる名句を詠んでいる。
  そのほか、子どもたちとまりつきやかくれんぼをして遊び、多くの逸話を残し、子どもから大人まで広く親しまれている。
 禅、詩、歌、俳句、書、逸話などを総合した良寛の人間性が、多くの人々から敬慕されている。

  燕市は、良寛が修業し、その芸術性が円熟期を迎えた地であり、良寛が長く住んだ五合庵・乙子神社草庵・大森子陽の塾に通っていた頃下宿していた中村家、良寛の良き詩友・理解者であった阿部家・解良家・原田家などがあり各地で良寛ゆかりの史跡や歌碑などを数多く見ることができます。
  ぜひ一度お越しください。










良寛の愛した国上山

 霊峰弥彦山に連なる国上山(313m)は、その中腹に越後最古の名刹「国上寺(こくじょうじ)」や、良寛が過ごした「五合庵(ごごうあん)」、「乙子(おとご)神社草庵」など数多くの史跡が散在するほか、酒呑童子(しゅてんどうじ)など伝説の宝庫です。
 山頂からは、日本海、遠くは佐渡、能登半島、越後三山を眺望でき、山頂から少し下ったところにある「蛇崩れ(じゃくずれ)」は奇岩と老松の景勝地で、ここから眺める越後平野は「素晴らしいの」一言。
 初心者から上級者まで楽しめるハイキングコースもたくさんあります。最後はふもとの「てまりの湯」で、1日の汗を流してください。
  国上山にお車でお越しの場合は、ビジターサービスセンター前駐車場をご利用ください。ビジターサービスセンター駐車場から頂上へは、徒歩25分。五合庵等の史跡巡りは徒歩1時間です。 また、道の駅国上からの登山コースもあります。詳しくは国上山トレッキングマップをご参照ください。




国上山ボランティアガイド

国上山ボランティアガイド養成講座

 【12月〜3月は冬季期間のため、お申込みは受け付けておりません。】
 ガイドさんの説明を聞きながら、国上山の歴史にふれてみませんか。

 良寛が晩年に過ごした「五合庵」、「乙子神社草庵」、越後最古の名刹「国上寺」を

ご案内します。


ガイド:国上山ボランティアガイド「はちの子会」のみなさん

 開催日 4〜11月までの毎週土・日曜日及び祝日
 開催時間  10:00〜15:00
※雨天時や荒天時などは実施しないこともあります。
 参加費  無料
※国上寺への拝観料300円はお客様負担となります。
 申込方法  当日直接ガイドへご依頼ください。
※蛍光緑のスタッフジャンパー着用!
 コース ★のついた3カ所にガイドがいます。

★国上ビジターサービスセンター(国上寺登り口)〜国上寺本堂〜国上寺客殿・宝物殿〜★五合庵〜千眼堂吊り橋〜朝日山展望台〜国上ビジターサービスセンター
※ご希望に応じて、本覚院・★乙子神社草庵、月見坂へもご案内します。
 団体及び平日の申込 
 申込書に必要事項を記入し、下記申込先までFAXまたはメールでお送りください。
申込書(Excelpdf
 申込・問合せ   (一社)燕市観光協会

 TEL 0256-64-7630
 FAX 0256-64-7638
 E-mail:tsubame-kankou@za.wakwak.com


詳しくはこちらをクリックしてください。
   





良寛歌碑めぐり

23

 良寛は、宝暦8年(1758年)出雲崎の庄屋に生まれ、厳しい修行と諸国行脚の末、国上山の中腹にある五合庵を定住に選びました。

 国上山周辺には、たくさんの良寛の歌碑があります。ひとつひとつの歌碑を巡ると、良寛の境地に少し近づけたような気がすることでしょう。

詳しくはこちらをクリックしてください。
良寛歌碑





  

良寛史跡巡り

良寛

国上寺(こくじょうじ)

 

国上山(くがみやま)の中腹にある真言宗の寺院。和銅2年(709年)創建の県内最古の名刹で、境内には本堂のほか、客殿、六角堂、大師堂、一切経堂、鐘楼堂、宝物殿などの重厚な建物が建ち並びます。酒呑童子(しゅてんどうじ)はこの寺の稚児であったという伝説も。
 2009年には開山1300年を迎えました。

 
●問合せ/国上寺 0256-97-3758 国上寺ホームページ

良寛史跡マップ
良寛史跡マップ

 

五合庵(ごごうあん)

 良寛が玉島(岡山県倉敷市)の円通寺(えんつうじ)で厳しい修行を終え、各地の名僧を訪ねて研さんを重ねたのち、越後に戻った良寛が寛政9年(1797年)ころから約20年過ごした庵。もとは国上寺本堂を再建した客僧「萬元上人(ばんげんしょうにん)」が毎日米五合を給されていたことに由来されています。 良寛史跡マップ

 

乙子神社草庵(おとごじんじゃそうあん)

 五合庵の老朽化と朝夕の山坂の登り降りが老身にこたえ、良寛は文化13年(1816年)から約10年、ここ乙子神社社務所に移り住みました。以来、誰いうともなく乙子神社草庵と呼ぶようになり、ここでの10年間の生活は、良寛芸術の最も円熟したときであったといわれています。 良寛

    

   

ビジターサービスセンター

 国上山中腹にある観光拠点。

 館内には良寛の遺墨や、国上山周辺の四季の写真などの展示室があります。

 どうぞ無料休憩所でゆっくりお過ごしください。 軽食コーナーもございます。


●問合せ/ビジターサービスセンター TEL:0256-97-1661
●定休日/毎週火曜日、冬期間閉店(12月〜2月)
※天候等により開館時間が異なりますのでご注意ください。

ビジターサービスセンター

  

  

朝日山展望台

 眼下に広大な越後平野と大河津分水路、遠くは越後三山までも望むことができます。桜の開花から紅葉の季節まで多くの人でにぎわい、子どもたちと遊ぶ良寛像もここに設置されています。 良寛史跡マップ

  

  

千眼堂吊り橋(せんがんどうつりばし)

 朝日山展望台と五合庵とを結ぶ長さ124メートルの吊り橋。ひときわ鮮やかな真紅の橋梁が緑の山に美しく映え、「新潟の橋50選」にも選ばれています。秋には紅葉に包まれ、見る者の心を和ませます。 良寛史跡マップ

 

 

夕ぐれの岡

 大河津分水路の東岸にある夕ぐれの岡は、良寛が托鉢の途中によく足を止めたと伝えられる場所。名の由来は萬元上人が「忘れずば道行きふりの手向をもここを瀬にせよ夕ぐれの岡」と詠んだことにちなみます。 良寛

 

分水良寛史料館

 館内には五合庵・乙子神社草庵時代の遺墨、関係資料などを展示。特に晩年、親交の厚かった解良家、阿部家に伝わる白眉ともいえる名品に注目が集まります。
●開館時間/ 午前9時〜午後4時30分
●休館日/月曜日(祝日のときは開館)・年末年始
●入館料/大人300円・学生200円・小中学生100円(団体割引有り )
●住所・問合せ先 / 新潟県燕市上諏訪9番9号(JR分水駅から徒歩5分) 0256-97-2428
  分水良寛史料館ホームページ
良寛

 

長善館史料館

長善館は、天保4年(1883年)に良寛とも親交のあった鈴木文臺(ぶんたい)が創設した私塾で明治45年(1912年)に閉館するまでの約80年間、近隣地域の子弟を教育してきました。
 塾生は1,000人を超えると推定されており、多くの偉人も輩出しています。
 史料館には米納津隕石の模型や日本画家・横山操の作品も展示されています。
●開館時間 /午前9時〜午後4時30分
●休館日/月曜日・年末年始
●入館料/小・中学生、高校生50円 一般100円
●住所・問合せ先/ 新潟県燕市粟生津97 TEL0256-93-5400
  長善館史料館ホームページ

良寛

 

 

 
このページのトップへ↑
トップ良寛観光案内地場産業モデルコースイベント情報ホテル・旅館観光マップアクセスリンク集サイトマップ会員
一般社団法人
燕市観光協会
〒959-1263 新潟県燕市大曲4336番地(燕市老人集会センター内)
TEL.0256-64-7630/FAX.0256-64-7638/E-mail:tsubame-kankou@za.wakwak.com
燕市商工振興課
観光振興室
〒959-0295 新潟県燕市吉田西太田1934番地
TEL.0256-92-1111(代)/FAX.0256-77-8306/E-mail:kanko@city.tsubame.niigata.jp
燕市役所
Copyright(C) Tsubame City All Rights Reserved.